ロボアドバイザー とは、投資の専門家

ロボアドバイザーという言葉を聞いた事がありますか?

言葉だけ聞くと、まるでロボットを組み立てるアドバイスをしてくれるかのようですが、実際は違います。
実際のロボアドバイザー とは、より良い資産運用が出来るようにAIがアドバイスしてくれる投資一任のサービスの事を言うのです。

今まで、資産運用に迷った時には、は専門知識を持ったアドバイザーが1人1人の話しを聞いて、その人にあった資産運用をアドバイスしてきました。
ですが、今後はロボアドバイザーが、代わりにアドバイスをしてくれます。

では、基本的に人間のアドバイザーとは何が違うのかというと、まずはその分析力です。

ロボアドバイザーは、顧客の年齢や収入、資産状況を計算して、本当にその人に合った資産運用のアドバイスをしてくれるので、簡単に最適な資産配分をすることができます。

自分では気が付かなかった事にも、気づく事も出来るようになるのです。

そして、ロボアドバイザーには2種類あるのだという事を覚えておきましょう。

ただ、アドバイスをして欲しいという人にはアドバイス型のロボアドバイザーが最適です。
資産運用は自分でしたいという人には、アドバイス型で充分だと思います。

そして、アドバイスだけではなく運用も行って欲しいという人には、投資一体型というのもあります。
顧客が自分の目標をロボアドバイザーに伝える事で、自動でロボアドバイザーが運用してくれます。

投資はしてみたいけれど、専門知識がなくて不安だという人は、まずは投資一体型のロボアドバイザーに投資一任するのが良いでしょう。

いつから始めるのか、どれぐらいの資産を運用したいのかが決まったら、すぐに投資を始める事が出来ます。

もちろん、ロボアドバイザーといえども完璧とは言い切れません。
ですが、人間よりもはるかに分析力も計算力も高いという事だけは確かです。
将来を心配して、今の内に資産運用をしたいけど、どこに相談すれば良いのか分からないという人にとって、ロボアドバイザーはまさに強力な味方になってくれます。

ロボアドバイザー とは、これから資産運用したい投資初心者にとっての強い味方であると同時に、ロボアドバイザー とは投資の専門家の集合体なのです。

ロボアドバイザー とは、資産運用の選択肢

では、ロボアドバイザーによるメリットとデメリットについても説明しましょう。
まずはロボアドバイザーを利用するメリットです。

1.簡単に始められる

普通、資産運用を相談するのはファイナンシャルプランナーです。
ですが、ファイナンシャルプランナーに相談するというのは、かなりハードルが高いように思えます。
ですが、ロボアドバイザーならファイナンシャルプランナーと直接会話をするのとは違い、とても気楽な気持ちで相談する事が出来ます。

2.流動性の速さ

そして、何が一番のメリットかというと、その流動性の速さです。
もしもすぐに解約をしたいと思った時には、すぐに現金へと戻す事が出来ますので、資産運用初心者という人には、まさに向いている資産運用といえます。

人気ロボアドバイザー 3社を様々な角度から比較!

ロボアドバイザーの稼ぎやすさを比較!

投資の方法には様々ありますが、その中でもロボアドバイザー の人気が上がっています。
各社で導入されていますが利回りに少しずつ違いが見られます。
そこで代表的なロボアドバイザーの特徴を比較してみましょう。

1.ウェルスナビ
2.楽ラップ
3.THEO(テオ)

ロボアドバイザーの種類はもっとあるのですが、これらが現在の主要3社とされています。
主要と言われるだけあって使いやすさや利回りも一定の評価を受けています。

しかしこの中で利回り(平均)が抜けているのがウェルスナビですね。

ウェルスナビは年率10%台で他の2つが3%台です。
時期によって利回りは変動しますが、それでもウェルスナビが常に一番高くなっています。
利益の出やすい投資対象を選択しているためですが、裏を返すとリスクの高さに繋がります。

しかし危険なほどハイリターンを狙っている訳ではありませんし、そもそもロボアドバイザーは安定した投資を目指すAIです。
単純にウェルスナビのAIは優秀、という言い方もできるでしょう。

始めやすさでロボアドバイザー を比較!

現在の国内の銀行の年率に比べれば、ロボアドバイザー の出す利益はかなりのものです。
利回りで見劣りする楽ラップが人気なのは、安定性が高く損失が出にくいためです。

証券会社の中でも知名度の高い楽天証券が運営しているため、信頼されやすいのでしょう。
一方でTHEOも証券会社が運営しています。THEOを運営するSBI証券(元ソフトバンクグループ)も実力も高いですが、損失面では楽ラップに軍配が上がります。

しかし世界中から良い銘柄を選ぶAIなので、これからの成長に期待できます。
どの投資アルゴリズムでも、良い面悪い面があり一概に「絶対これが良い!」とは言い切れません。

まず始めるにあたっては最低投資金額が、最も比較対象になるかと思います。
ウェルスナビと楽ラップが10万円、THEOが1万円となっています。
これだけ見るとTHEOの1万円が際立って安く見えますね。

しかしちゃんと利益を得るための運用金額は最低でも10万円は欲しい所です。
まずは気軽に始めて見たい!という人にはTHEOはうってつけでしょう。

全てをまとめてみるとTHEOは始めやすいロボアドバイザーで、楽ラップは低リスク、総合的にはウェルスナビが稼ぎやすい、となるでしょう。

利回りの良いロボアドバイザーで投資の効率化

ロボアドバイザーの運用実績と利回り

投資で資産を増やすには技術や経験が必要ですが、ロボアドバイザーを利用すれば投資経験が少ない人でも効率よく資産を増やせる可能性があります。

各社から複数のサービスが登場しているものの、効率化を求めるには高利回りの資産運用ができるものを選ぶことが重要です。

投資金額に対して一定期間のうちにどの程度のお金を増やせるかの指標で、利率であらわします。この利率が高いものほど優れた運用実績を持っていると評価できます。

投資経験の少ない初心者でも稼げる理由は、人工知能技術を採用しているからです。アルゴリズムによって導き出された金融商品を取引し、効率よく資産を増やせるよう投資家に変わって自動的に資産管理をしてくれます。

以前からこの手のサービスは存在したものの、どちらかと言えば豊富な資産を持つ投資家の利用に限られていました。しかし近年は人工知能技術が一般にも浸透し始め、ごく普通の投資家でも利用できるくらいお手軽な機能として使われ始めています。

高利回りで人気のロボアドバイザーを厳選

今人気のあるロボアドバイザーといえば、ウェルスナビです。日本国内で利用できるサービスの中で最も利用者数が多いとされています。

人気の秘密は圧倒的な利回りの高さです。公式が発表している実績を見ると、2017年で約16.2%もの利率を叩き出しています。

他のサービスで比較するとTHEOが約12.9%、楽ラップが約15.6%です。12~15%でも十分優れた運用実績ですが、ウェルスナビは更に上の実績を残しています。

銀行の預金口座に預けた場合の利率と比べても圧倒的な高さを誇るため、お金を寝かせておくならウェルスナビで資産運用に励むのが効率的です。

少ない資産で投資を始めたい人にとっては、THEOが使いやすいでしょう。初期投資最低額としてウェルスナビだと10万円以上が必要ですが、THEOなら1万円以上から利用できます。しかし、投資金額が少なすぎると分散投資が難しくなり、リスクが高くなりやすいことに注意が必要です。

ロボアドバイザーのデメリットについて紹介

ロボアドバイザーを利用して投資をしている人も増えてきています。
ロボアドバイザーを利用することにより、投資に知識が無かったり、時間をかけて投資を行う必要が無いなどのメリットもありますが、運用リスクなどの、デメリットもいくつか存在します。

ロボアドバイザーを利用して投資をする際に生じるデメリットは、市場の変化で元本割れをしてしまうリスクがあることです。
ロボアドバイザーの投資は利益を直ぐに出すことができると考える人もおられますが、損失を出すこともあります。

投資の商品は市場の変化で価格が常に変動しているので、市場の投資状況が悪ければ損失を出し続けてしまうこともあります。

長期的に投資を進めていこうと思えば、ロボアドバイザーで利益を出していくことは可能かもしれませんが、短期的に利益を出すことを狙っているならば、損失を出すこともあるので、資産を増やすのは長期投資となり時間もかかります。

大きなリターンを狙うことができないのも、デメリットと言えます。

ロボアドバイザーのデメリットとして、運用コストが挙げられます。
その1つは手数料がかかってしまうことです。

人気のあるロボアドバイザーも、年率で1%ほどの手数料がかかってしまいます。
ロボアドバイザーに全て任せて自動で投資をしてもらおうと思えば、手数料は高くないと思うかもしれませんが、無料でロボアドバイザーを利用することはできません。

また、ロボアドバイザーの運用益には税金がかかります。
資産運用を行なって得た利益に関しては所得税として20%ほどの税金がかかります。

例えば、100万円の元本でロボアドバイザーで資産運用して200万円に利益が出たとするなら、100万円の運用益に関して税金がかかり80万円ほどの利益になります。

利益で得たお金を全てもらうことはできません。

運用益を非課税にする方法は無いので、ロボアドバイザーで利益を狙う場合はこの点で手数料や税金がかかることを念頭に置いておくと良いと思います。

人気のロボアドバイザーのウェルスナビ

ロボアドバイザー運営のウェルスナビとは

ウェルスナビはロボアドバイザーを活用して投資の運用を自動的に行なってくれるサービスです。
自分で金融や会計、経済的知識を駆使して投資を判断をするのではなくて、ロボアドバイザーに投資を任せて資産運用してもらいます。

ロボアドバイザーが資産運用をしてもらうので、判断ミスが少なく資産運用していってもらえます。

ウェルスナビのロボアドバイザーを利用したいならば、最低10万円が必要になります。
毎月決まった金額から投資をする積立投資では、毎月1万円から始めることができます。

ウェルスナビの運用は、米国株や日欧株、新興国の株式、米国債券、不動産のオルタネティブを対象にして分散投資を行っています。

投資の対象はEFTで国際分散投資が基本となっています。

ウェルスナビを利用するなら、年齢、年収、金融資産保有額、投資目的、急落時の対応、の項目から答えてもらい、1人1人に合ったポートフォリオを作成して運用していきます。
このような特徴があります。

ウェルスナビのメリット

ウェルスナビでロボアドバイザーを利用するメリットとしては、自動で税金を最適化してくれる機能があります。
ロボアドバイザーで利益が出た場合は、利益の1部が課税対象となり、税金として支払う必要があります。

ロボアドバイザーで利益が多く出る分、税金も上昇していきますが、自動税金最適化機能で繰り延べすることで支払う税金を最小限に止めることができます。

また、ウェルスナビはネット銀行のSBI証券とANAマイレージクラブなどと提携しているので、SBI証券の口座やイオン銀行の口座を持っているとその銀行を利用すると良いと思います。

それらのネットバンクを利用するなら、お金の出し入れは手数料が無料で行うことができます。

資産運用で出た利益に応じてANAのマイルを貯めることもできます。

また、マメタスというものもあり、金額の選択から普段の買い物で決めておいた金額以下の支払いの場合は、差額のお釣りをウェルスナビのロボアドバイザーに投資をすることが出来るようなシステムがあります。
このようなメリットがあります。

ロボアドバイザーtheoの様々なメリット

安定性が高いロボアドバイザーのtheo

資産運用は古来から色々な方法が試されてきましたが、最近は技術的な発展も多くなっており中でもロボアドバイザーによる資産運用は段々と導入する人が増えてきています。

ロボアドバイザーとして口コミで人気なのがウェルスナビですが、最近だとtheoも徐々に評価を得てきています。

theoの安定性を支えているものとしては、投資対象が世界に上場しているETF(上場投資信託)のみのサービスであり、個別株式・未上場の投資信託などは扱わないために安定した資産運用が可能となります。

ポートフォリオに関してはまず最初に5つの質問をして個人に合ったものを作り提案をしてくれます。

このポートフォリオも安定性を重視しており、資産を何倍にもするのではなくあくまで堅実な分散投資を行い、パフォーマンスを最大化するような仕組みで運用をしてくれます。

質問自体は簡単ですし、自動的な運用をしてくれることにより、初めての資産運用や個人投資家などにも高い評価を得ています

ロボアドバイザーtheoはスマホでも簡単

ロボアドバイザーのサービスとしてtheoは初心者さんでも気軽に導入できるのがメリットですが、こちらはスマホでも簡単に始められるのもいい点でしょう。

上述のように最初は5つの質問から自分に合ったポートフォリオを提案してくれるのですが、この部分だけならは無料で試せます。この提案されたポートフォリオの結果や期待収益率を見てから、口座を開設することができます。

最近の流行りですが口座開設に関してもインターネット上で簡単に出来るのもあり、スマホから必要情報を記入して本人確認書類をカメラで撮り送信することで手続きが完了となります。

証券口座の開設なのでマイナンバーが必要となるのでこちらは事前に用意をしておくとスムーズになります。

最短2営業日で口座開設が完了するので、初めての方でも個人投資家でも気軽に始められるのは嬉しいですね。

勿論分散投資として複数のロボアドバイザーを持つ時も、安定性が高いtheoはまず外せないものとしておすすめです。

投稿日:

Copyright© ロボアドバイザー研究所 実績や利回りなどを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.